HOME > 自動車登録 > 自動車の相続による登録

自動車の相続による登録

1.自動車の相続の開始
 相続は、自動車の所有者の死亡によって開始されます。相続人が自分で使用したり、
 第三者に譲渡売却したり、廃車にする場合も、まず相続による意義変更が必要です。

2.自動車の相続の順位
 相続の順位は次の順位になります。
    第1順位・・・・子及びその代襲者
    第2順位・・・・直系尊属
    第3順位・・・・兄弟姉妹及びその代襲者
     ※配偶者は常に相続人になります。
     ※代襲相続とは、相続人になるべき子が相続開始以前に死亡、欠格、又は
      排除によって相続権を失った場合に、その者の子が同順位で相続人と
      なることです。

3.自動車の相続の注意事項
 1)単独相続による申請をするか、共同相続による申請をするか決める。
   ○単独相続
       複数の相続人のうち一人が単独で自動車を相続する場合。
       相続人に未成年者がいない場合は通常、単独相続の申請
       を行います。
   ○共同相続
       複数の相続人が共同で自動車を相続する場合。
       相続人に未成年者がいる場合は通常、共同相続の申請を
       行います。
 2)相続の順位により、相続人を確かめる。
 3)相続人に未成年者が含まれているか否かを確かめる。

4.その他
  自動車の相続による登録は、通常の自動車の名義変更と違い複雑な点があります
  ので、一度、電話やメール等で詳細を教えて頂きたいと思います。



             toiawase.png

自動車登録 一覧に戻る

CONTACT

行政書士法人 岩手許認可センター 岩手県紫波郡矢巾町広宮沢第10地割501番地25 (MAP
TEL 019-697-8868
お問合せはこちら

PAGETOP